年会費無料のクレジットカードおすすめ10選まとめ!永年無料でメリット多数のクレカ紹介

年会費無料のクレジットカード
ざっくり要約
  • 年会費永年無料でポイント還元率が高いのは「三井住友カード(NL)」「JCB CARD W」
  • 年会費無料で使える理由は、カード会社は主に加盟店の手数料を収入源としており、年会費を無料にすることで発行数を増やしたいから
  • 年会費が有料の場合、無料のカードよりも特典やサービス内容が手厚くなる

クレジットカードには、年会費が無料のものと有料のもの2種類あります。

年会費が有料のカードほど特典が多かったりポイント還元率が高いと考える人もいますが、実は年会費が永年無料のクレジットカードでもお得なカードはたくさんあるものです。

この記事では、年会費が無料かつポイント還元率が高かったり、保険が付帯していたり、メリットの多いクレジットカードを10枚紹介していきます。

年会費無料のクレジットカードの上手な選び方も紹介しているので、自分に合ったカードを探してみてください。

年会費無料クレジットカード10選まとめ

ここで紹介するクレジットカードは、ほとんどすべて年会費が永年無料のカードです。

「セブンカード・プラス」のみ初年度無料で条件付きで翌年以降も無料のカードですが、それ以外の9枚は永年無料なので持っていてお金がかかることはありません

「年会費が無料だとメリットが少なそう」と思う方もいるかもしれませんが、年会費無料でもポイント還元率が高く保険が付帯しているカードはたくさんあります。

年会費有料と無料のもっとも大きな違いは、ホテル・レストランの特典や付帯保険の金額の大きさです。

そのため、年会費有料のカードは国内・海外旅行を楽しみたい方や、より手厚いサービスを受けたい方に人気のクレジットカードとなっています。

今回は年会費無料に加えて、旅行保険やショッピング保険が付帯していたり、ポイント還元率が高かったり、メリットが多いカードを厳選しました。

また、家族カードやETCカードを今後発行する可能性がある方はこちらの年会費もあわせて確認してください。(各カード紹介の表に掲載しています)

クレカ選びで重視されることが多いのがポイント還元率ですが、クレジットカードによって還元率がアップする場面は異なるので、自分の普段の生活を思い浮かべながら選ぶようにしてください。

中でも上位5位の人気クレジットカードについて、以下のように簡単な選び方を紹介しておきます。

年会費無料のクレジットカード選び
  • コンビニ・マクドナルドによく行く人→三井住友カード(NL)
  • スタバによく行く&Amazonでお買い物する人→JCB CARD W
  • カラオケや飲食店によく行く&旅行保険付帯のカードがいい人→エポスカード
  • 楽天市場などの楽天サービスを利用している人→楽天カード
  • イオン・まいばすけっとなどイオン系列店舗によく行く人→イオンカードセレクト

JCB CARD W

JCB CARD W
年会費永年無料
ポイント還元率1.0〜5.0%
国際ブランドJCB
付帯保険ショッピング保険:海外最高100万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費永年無料
発行日数最短3営業日で発行、約1週間後にお届け
申し込み対象18歳以上〜39歳以下
※高校生を除く学生や、本人または配偶者に継続収入がある方もOK

JCB CARD Wは、18歳以上39歳以下の方が申し込める年会費永年無料のクレジットカードです。

39歳までに申し込めば40歳以降もずっと年会費は無料のまま継続するので、39歳以下の方は今のうちに作っておくと良いでしょう。

公式で学生の申し込みもOKと書かれているので、学生向けのクレカとも言えるでしょう。

ポイント還元率は通常のJCBカードの2倍で、Amazon・セブンイレブン・スターバックス・メルカリなどでの利用でポイントは最大11倍にまでなります。

貯めたポイントは、カード支払いのキャッシュバックやお店・オンラインショッピングの支払い充当、マイルや商品券との交換などさまざまな使い道があります。

他にもショッピング保険や海外旅行傷害保険が付帯していたり、年会費永年無料とは思えないほどの特典が付いています

  • Amazon.co.jp利用で利用額の30%キャッシュバック
  • お友達紹介で最大5,000円相当(最大1,000ポイント)プレゼント
  • 家族カード入会でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
\ Amazon・セブンイレブン・スタバで高還元率 /

三井住友カード(NL)

三井住友カードNL
年会費永年無料
ポイント還元率0.5〜5.0%
国際ブランドMastercard、VISA
付帯保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費初年度無料
※入会翌年度以降に前年度に一度もETCカードの利用がない場合は年会費550円(税込)
発行日数最短5分で審査完了、カードお届けまで1週間程度
申し込み対象18歳以上の方(高校生の方は除く)

三井住友カード(NL)は、券面にカード番号の記載がないセキュリティ性の高いクレジットカードです。

裏面左下に発行日と氏名が書かれているのみで、券面に載っているカード番号やセキュリティコードを知らない間に撮影されて不正利用に遭う心配がなく、安心して使えるカードとなっています。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニ3社とマクドナルドでのタッチ決済の利用でポイント還元率最大5%、さらにドラッグストアやカフェなどから好きなお店を3つ選んでポイントアップするシステムもあり、効率よくポイントを貯めることができます。

Vpassアプリを合わせて使用することですぐに利用通知が来たり、明細をスマホで確認することができ、支出管理がしやすいのもメリットです。

年会費永年無料ながらセキュリティ性やデザイン性が高く、またポイントも貯めやすいクレジットカードなので、初めてのカードやメインカードとして使用するのもとても良いと思います。

  • 新規入会&利用キャンペーンで最大9,000円相当プレゼント
\ コンビニ・マクドナルドでポイント5倍 /

エポスカード

EPOSカード
年会費永年無料
ポイント還元率0.5〜1.0%
国際ブランドVISA
付帯保険海外旅行傷害保険:最高500万円(自動付帯)
追加カード家族カード:なし
ETCカード:年会費永年無料
発行日数最短即日発行
※マルイ店舗で受け取る場合
申し込み対象日本国内在住満18歳以上の方(高校生の方は除く)

エポスカードは、年会費永年無料かつ海外旅行保険が自動付帯でゴールドカードへのランクアップも見込める珍しいクレジットカードです。

券面はナンバーレスで縦型のスタイリッシュなデザインで、すっきりした見た目が特徴です。

基本還元率は0.5%と平均的ですが、国内約10,000店舗のカラオケや飲食店で割引優待が受けられたり、年4回のマルイのセールで割引になります。

また、年間約50万円以上、つまり月々約42,000円の利用でゴールドカードへ招待されるため、メインカードとして使用して日々の食費や水道光熱費などの支払いをエポスカードに集中させるだけでランクアップが可能になります。

ゴールドカードは通常審査条件が厳しい傾向にありますが、エポスカードのようにランクアップするなら審査は関係ないので、ステータス性の高いカードを持ちたいけど審査が心配な人にもおすすめのクレカだと言えます。

  • オンラインでの申し込みで2,000円相当のエポスポイントプレゼント
\ 旅行保険が自動付帯&ゴールドカードへランクアップ /

楽天カード

楽天カード
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%(100円につき1ポイント)
※SPU(スーパーポイントアッププログラム)利用で還元率アップ
国際ブランドMastercard、VISA、JCB、AMEX
付帯保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費通常550円(税込)
※楽天プレミアムカード会員または楽天ゴールドカード会員の方と
楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員またはダイヤモンド会員の方は無料
発行日数約1週間~10日前後
申し込み対象18歳以上の方(高校生の方は除く)

楽天カードは、楽天サービスを利用する方なら絶対に持っておきたいクレジットカードです。

楽天市場、楽天証券、楽天モバイル、楽天銀行、楽天ひかりなど楽天にはさまざまなサービスがあり、これらと合わせて楽天カードを使用することでポイント還元率が大幅にアップする仕組みがあります。

この仕組みをSPU(スーパーポイントアッププログラム)と言い、ポイントは最大15倍にもなります。

さらにキャンペーンの日程に合わせてお買い物することで、ポイントは最大43倍にまでアップします。

楽天サービスをすでに使用していたり楽天市場でよくお買い物する人、楽天ポイントをたくさん貯めたい方にぴったりのカードです。

利用付帯ではあるものの、海外旅行傷害保険は最高2,000万円、家族カードも永年無料です。

国際ブランドはMastercard、VISA、JCB、AMEXと幅広く選べますが、初めて作るなら世界中で使いやすいMastercardかVISAを選ぶと良いです。

すでにクレジットカードを持っている方は、そのカードとは異なる国際ブランドのカードを作ると使える範囲が広がって便利です。

  • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント
\ 楽天ポイントがざくざく貯まる /

dカード

dカード

引用:dCARD公式サイト
年会費永年無料
ポイント還元率1.0〜4.0%
国際ブランドVISA、Mastercard
付帯保険ショッピング保険:年間100万円まで
海外旅行傷害保険:29歳以下のみ最大2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険:29歳以下のみ最大1,000万円(利用付帯)
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費初年度無料
※2年目以降は前年度に一度もETCカード利用がなかった場合550円(税込)
発行日数審査は最短5分、受け取りは1〜3週間
申し込み対象満18歳以上の方(高校生を除く)
本人名義の口座を支払い口座として設定

dカードは、ドコモユーザーでもそうじゃない人でもポイントをざくざく貯められるクレジットカードです。

dカード特約店のノジマ・エネオス・JAL・JTB・メルカリ・髙島屋・マツモトキヨシ・丸善ジュンク堂・スターバックス(他にも店舗多数)などでポイント還元率は最大4%になり、dポイントを貯めることができます。

ドコモユーザーの方は、携帯料金の支払い分にもポイントが付きます。

29歳以下なら旅行傷害保険が付いているので、国内・海外旅行の際も安心です。

  • 入会&利用で最大6,000ポイントプレゼント
\ dカード特約店で還元率最大4% /

イオンカードセレクト

イオンカード
年会費永年無料
ポイント還元率0.5〜2.5%
国際ブランドMastercard、VISA、JCB
付帯保険ショッピング保険:年間50万円まで
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費永年無料
発行日数1〜2週間程度
申し込み対象18歳以上の方

イオンカードセレクトは、イオン・ダイエー・マックスバリュ・まいばすけっとなどイオン系列のお店でよくお買い物する人は持っておきたいクレジットカードです。

ポイント還元率がアップするキャンペーンを頻繁に行っているのが特徴で、毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で5%オフになったり、毎月10日は「ありが10デー」でポイント5倍になったり、これらの日程に合わせてお買い物することでより効率的にポイントを貯めることができます。

また、電子マネーWAONへのオートチャージでもポイントが貯まるので、こちらもあわせて使うとよりお得です。

  • 1,000円相当のWAON POINTプレゼント
  • 抽選で1,000名に10,000円相当のWAON POINTプレゼント
\ イオン系列店舗によく行くなら必須のカード /

ライフカード

ライフカード

引用:ライフカード公式サイト
年会費永年無料
ポイント還元率0.5〜2.0%
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
付帯保険
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費永年無料
発行日数最短3営業日で発行
申し込み対象日本国内在住の18歳以上(高校生を除く)で
電話連絡が可能な方

ライフカードは、入会後1年間ポイント5倍、誕生日月はポイント3倍とポイントがどんどん貯まるクレジットカードです。

また、入会後1年間経ってもステージ制でポイント還元率がアップするようになっており、どこでお買い物しても最大2倍となります。さらに年間50万円以上の利用で300ポイントがプレゼントされます。

年間50万円以上の利用でスペシャルステージとなり還元率は1.5倍、さらに100万円以上利用すればロイヤルステージにアップして還元率は1.8倍まで上がります。

他のカードのように特定のお店のみでポイントアップするのではなく、どこのお店で利用しても1.5倍や1.8倍となるのでポイントがざくざく貯まります。

貯まるポイントは「LIFEサンクスポイント」で、楽天ポイントなどの他社ポイントに移行したり、ANAマイル・ギフト券・電子マネーに交換するなどの使い道があります。

  • カード発行で1,000円相当のポイントプレゼント
  • ショッピング利用額に応じて最大9,000円相当のポイントプレゼント
\ 入会後1年間ずっとポイント5倍 /

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

引用:ヤフーカード公式サイト
年会費永年無料
ポイント還元率1.0〜2.0%
国際ブランドMastercard、VISA、JCB
付帯保険ショッピング保険:最高100万円
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費550円(税込)
発行日数最短2分で審査完了、約1週間でお届け
申し込み対象18歳以上で安定した継続収入がある方
Yahoo! JAPAN IDを持っている方

Yahoo! JAPANカード、通称「ヤフーカード」は、PayPay残高へのチャージに使いたい方やTポイントを貯めたい方にぴったりのカードです。

1枚のカードでTポイントがダブルで貯まり、クレジットカードの通常ポイントが100円で1ポイント、さらにTポイント提携先でのTカードとしての提示でもポイントが貯まります。

また、PayPayでのヤフーカード決済で回数や利用額に応じて0.5〜1.5%のポイントが貯まります

PayPayチャージ用の専用カード&Tポイントカードとして持っておくと良いカードです。

  • ヤフーカード新規入会で2,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
  • 3回のカード利用で5,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
\ PayPay残高へのチャージが便利 /

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
年会費初年度無料、年1回の使用で翌年も無料
※通常年会費1,375円
ポイント還元率0.5〜1.0%
国際ブランドMastercard、VISA、JCB、AMEX
付帯保険ショッピング保険:国内・海外最高100万円
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費永年無料
発行日数1〜2週間程度
申し込み対象18歳以上の方

セブンカード・プラスは、セブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用でポイント還元率が2倍になるクレジットカードです。

他にも、ヨークマート・ヨークフーズ・デニーズ・アリオ・セブンネット・ビックカメラ・エネオスなどポイント2倍対象店舗が多くあります。

また、「ハッピーデー」の8日・18日・28日にはイトーヨーカドーで5%オフでお買い物ができます。

年会費は通常1,375円ですが、初年度無料でさらに年1回の使用で翌年も無料なので、イトーヨーカドーやセブンイレブンでお買い物する機会がある方は自動的に年会費無料となります。

  • 入会で合計最大2,300nanacoポイントプレゼント
  • 設定&登録で合計最大2,400nanacoポイントプレゼント
  • クレジット利用で最大2,000nanacoポイントプレゼント
\ イトーヨーカドーやセブンイレブンでお得 /

リクルートカード

リクルートカード

引用:三菱UFJニコス公式サイト
年会費永年無料
ポイント還元率1.2%
国際ブランドMastercard、VISA、JCB
付帯保険ショッピング保険:国内・海外最高200万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
追加カード家族カード:年会費永年無料
ETCカード:年会費永年無料
※ただしVISAとMastercardの場合新規発行手数料が1,000円(税別)かかる
発行日数1〜2週間程度
申し込み対象18歳以上の方(高校生の方は除く)

リクルートカードは、ホットペッパー・ホットペッパービューティー・ポンパレモール・じゃらんなどのリクルート関連サービスでポイント還元率がアップするクレジットカードです。

通常還元率も1.2%と他のクレジットカードと比べて高めなので、普通に使うだけでもポイントが貯めやすいカードです。

リクルートポイントは、リクルートサービスで1ポイント=1円として使ったり、使える範囲の広いPontaポイントへ交換したりするのが主な使い方です。

通常はポイント付与対象外となっていることも多い電子マネーでのチャージでもポイントが貯まるため、普段モバイルSuicaや楽天Edyなどの電子マネーを使用する方は要チェックです。

  • 【JCB限定】最大8,000円分のポイントプレゼント
\ ホットペッパーやポンパレモールでお得 /

年会費無料とは?わかりやすく解説

年会費無料とは、年ごとに支払う料金が一切発生しないという意味です。

年会費無料のクレジットカードは持っていても費用が発生することがなく、また年会費無料でもポイント還元率が高く付帯保険が充実しているクレジットカードはたくさんあります。

年会費永年無料とは?条件付き無料との違い

年会費永年無料とは、年ごとの料金が今後一切かかることのないクレジットカードで、作成して何年持ち続けていても料金が発生することがありません。

クレジットカード年会費支払いパターン
  • 永年無料
  • 初年度無料
  • 条件付き無料
  • 有料

年会費は一口に無料と言ってもさまざまなパターンがありますが、年会費永年無料のクレジットカードは持ってるだけでお得なカードです。

年会費がかからずポイントアップや割引サービスを受けられることから、比較的気軽に作ることのできるクレジットカードだと言えます。

注意したいのが、「年会費初年度無料」のクレジットカードです。

初年度無料のクレジットカードは翌年度から通常の年会費がかかるので、申し込み前に確認しておきましょう。

条件付きで無料になるパターンのクレジットカードもあります。

条件付き無料の例
  1. 初年度は無料、翌年以降は年1回のカード利用で無料
  2. 初年度は無料、翌年以降は年間利用額に応じて無料

例えば「JCB 一般カード」は、初年度の年会費が無料ですが、翌年以降は通常1,375円(税込)の年会費がかかります。

これを無料にするには、「MyJチェック」の登録と年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用が条件となっています。

クレジットカードを申し込む際には、年会費無料と書かれていても永年無料なのか?それとも条件付きで無料になるのかをきちんと確認してから申し込むようにしてください。

年会費無料のクレジットカードの最大のメリットは、持っていても絶対損をしないことです。

もしクレジットカードを使わなくなった場合、年会費がかかるカードだと知らないうちに費用だけかかってしまうことになります。

一方で年会費が永年無料のクレジットカードなら、使う頻度など気にすることなくポイント還元の特典や付帯保険のサービスを受けるのみで、損をすることがありません。

持っているのは無料なのにさまざまな特典を受けられるという点で、永年無料のクレジットカードは大きなメリットがあると言えます。

なぜ年会費無料で使えるの?

なぜ年会費無料で使えるのか、不思議に思う方もいると思います。

年会費無料で使用できるのは、カード会社では加盟店からの手数料が主な収入源となっているからです。

クレジットカードの売上における年会費の割合

全体の収入源に対する年会費の割合は意外と低く12%ほどです。

年会費でクレジットカードを発行し、カードを店舗で使用する人が増えることで、カード会社の利益に繋がります。

そのため、毎年年会費を回収しなくても加盟店からの手数料で十分に売り上げが立ちます。(加盟店の手数料は1〜10%で、業種により異なります)

年会費無料にすることで気軽にカードを作る人が増え、発行枚数が増えて使用する人が増えれば、結果的にカード会社の利益に繋がるのです。(逆を言えば、年会費を上げてしまうとクレジットカードを利用する人が減ってしまい、売上も落ちてしまう構造とも言えます。)

年会費無料に加えて、特定の店舗でのポイントアップや割引キャンペーンが受けられるクレジットカードもたくさんあります。

イトーヨーカドーならセブンカード・プラスがお得
イトーヨーカドーでセブンカード・プラスを使えばポイントだけでなく、5%も割引にもなる

年会費無料・有料によってセキュリティや安全性が変わることはありません

また、発行手数料がかかることもありません。

ただし、3回以上の分割払い・リボ払い・キャッシングを利用した場合の手数料はかかります

年会費無料のクレジットカードの多くは、ETCカードや家族カードも年会費無料のことが多いですが、稀に発行手数料がかかることがあります。

JCB CARD WとETCカード
ETCカードや家族カードも年会費永年無料のカードが多い

特典を利用しないなら高い年会費は無駄になる

年会費無料と有料のクレジットカードのもっとも大きな違いは、サービスや特典の有無です。

ポイント還元率については、年会費無料のクレジットカードの方が良いこともあったり、年会費の無料有料とはあまり関係がありません。

しかし、旅行保険やショッピング保険、カスタマーサービスの対応などは年会費が有料のカードの方が手厚い印象があります。

アメリカン・エキスプレスとSPGカード
アメリカン・エキスプレス・カードは年会費がかかるが、特典がその分豊富にある

例えば、ステータス性が高いと言われるアメリカン・エキスプレス・カードですが、一番スタンダードなグリーンカードでも年会費13,200円がかかります。

その分、旅行保険やショッピング保険の内容が充実していたり、カスタマーサービスでの対応が非常に良かったり、年会費が高い分だけサービスが手厚くなっています。

また、同じくアメリカン・エキスプレスの発行しているSPGカードは、年会費が34,100円と高い代わりに年1回の高級ホテル宿泊特典が付いてきます

1泊あたり70,000円以上のホテルにも泊まれるので、年会費のもとが簡単に取れるカードとして人気があります。

ザ・リッツ・カールトン 日光
ザ・リッツ・カールトン 日光は1泊10万円前後するが、SPGカードの無料宿泊で泊まることができる

このように、年会費が有料のカードならではの特典があります。

旅行にたくさん行く、レストラン特典を使用したいなど、ヘビーユーザーの方ほど得するのが年会費有料のクレジットカードの特徴です。

1枚目は年会費無料で生活圏でポイント還元率が高くなるカードを選び、2枚目以降で年会費が有料で自分にとってメリットがありそうなカードを選ぶのが良いでしょう。

年会費無料クレジットカードにも付帯保険はある

年会費無料でも、付帯保険が充実しているクレジットカードはたくさんあります。

旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類があります

自動付帯はクレジットカードを持っているだけで保険が効くもので、利用付帯は旅行費用をクレジットカードで支払うことにより保険の効果を発揮するものです。

海外旅行には付帯保険が安心
付帯保険があるカードを持っていると海外旅行も安心

中でもエポスカードは、年会費永年無料にもかかわらず海外旅行保険が自動付帯の便利で珍しいカードです。

他にも、三井住友カード(NL)は利用付帯ではあるものの、海外旅行傷害保険が最高2,000万円と高額で安心です。

国内旅行・海外旅行に行く頻度が多い人、今後多くなりそうだと予想できる方は、年会費無料かつ旅行保険が付帯しているカードを選ぶと良いでしょう。

ショッピング保険は、購入した商品の盗難・破損の被害に遭った場合に補償してくれるものです。

例えばJCB CARD Wは、購入日から90日間以内に海外で購入した商品の破損や盗難等に遭った時に、最高100万円まで補償が付いてきます。

旅行保険よりは使用頻度が低いかもしれませんが、いざという時にあると安心な保険なのでこちらも必要かどうか確認の上カードを選んでみてください。

【特徴別】年会費無料のおすすめクレジットカード

年会費無料のおすすめクレジットカードを、特徴別に分類して紹介しています。

かわいい・おしゃれなクレジットカード

  • JCB CARD W plus L
  • 楽天PINKカード
  • 三井住友カード(NL)

「JCB CARD W plus L」と「楽天PINKカード」は、女性向けのカードということもあり、券面がピンク色でおしゃれでかわいい雰囲気です。

三井住友カード(NL)は、カード券面にカード番号やセキュリティ番号が書かれていないので、すっきりとしたデザインでスタイリッシュな見た目です。

キャラクター・アニメのクレジットカード

  • エポスカード:リラックマ・エヴァンゲリオン・おそ松さん・七つの大罪 など
  • 楽天カード:ディズニー・お買い物パンダ など
  • イオンカードセレクト:ディズニー・トイストーリー・ミニオンズ など
  • セブンカード・プラス:ディズニー
  • JCB 一般カード:ディズニー

上記5種類のクレジットカードは、シンプルでスタンダードなデザインの他に、キャラクター・アニメのデザインも用意されています。

年会費無料で使えるゴールドカード

  • 三井住友カード ゴールド(NL)
  • JCBゴールド
  • JCB ゴールドExtageカード
  • エポスゴールドカード
  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • イオンゴールドカード

ゴールドカードはステータス性が高いため、年会費永年無料で持つことはなかなか難しいカードです。

年会費無料となるゴールドカードは初年度無料、もしくは条件付きで無料となるケースが多いですが、「エポスゴールドカード」は例外です。

エポスゴールドカードは普通に申し込むと、年間利用額50万円以上で翌年以降永年無料となり、通常5,000円(税込)の年会費が条件付きで無料になります。

エポスカード
エポスならインビテーションから申し込むことでゴールドカードの年会費が永年無料に

しかし、スタンダードなエポスカードを使用してインビテーション(招待)を受け、エポスゴールドカードを作成すれば、年会費は永年無料になります。(プラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介でも永年無料)

年会費無料のVISAカード

  • 三井住友カード(NL)
  • エポスカード
  • 楽天カード
  • dカード
  • イオンカードセレクト
  • ライフカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • セブンカード・プラス
  • リクルートカード

世界全体でシェア率・知名度の高いVISAカードは、1枚は持っておきたいクレジットカードです。

VISAカードで人気の三井住友カード(NL)は、コンビニ3社やマクドナルドで最大5%のポイントがもらえる高還元率クレジットカードです。

身近なお店でポイントアップできるカードが欲しい方は、まずは年会費永年無料の三井住友カード(NL)を持っておくと良いでしょう。

年会費無料のマスターカード

  • 三井住友カード(NL)
  • 楽天カード
  • dカード
  • イオンカードセレクト
  • ライフカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • セブンカード・プラス
  • リクルートカード

Mastercardは、VISAとほぼ同率のシェアを誇っています。

すでにVISAを持っているならMasterCardを作成するなど、今持っているカードとは別の国際ブランドを持つと使用範囲が増えてより使いやすくなります。

また、会員制大型スーパーマーケットのコストコではMastercardのみ使えるので、コストコによく行く方は1枚持っておくと安心です。

年会費無料のJCBカード

  • JCB CARD W
  • 楽天カード
  • イオンカードセレクト
  • ライフカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • セブンカード・プラス
  • リクルートカード

JCBカードは国内での加盟店が多く、ポイント還元率が高いクレジットカードが多い傾向にあります。

例えばJCBカードで人気の高い「JCB CARD W」は、常時ポイント還元率が普通のJCBカードの2倍となっていて、さらにAmazon・セブンイレブン・スターバックス・メルカリなどでの利用で最大11倍のポイントが貯まります。

ポイント還元率を重視するなら、JCBカードの中から選んでみても良いかもしれません。

年会費無料クレジットカードに関するよくある質問

年会費が無料のクレジットカードに関する以下のようなよくある質問について回答していきます。

  • クレジットカードの「年会費」って何のための費用?
  • 年会費の高さと特典の良さは比例する?
  • 年会費以外に毎年かかる費用はある?
  • 年会費が高いカードでいくらくらいかかる?

そもそもクレジットカードの「年会費」って何の費用?

クレジットカードの年会費とは、そのクレジットカードを1年間使用するための料金のことです。

年会費の請求については、カードによりますが発行の翌月か翌々月に引き落とされることが多いです。

年会費の高さに応じてクレジットカードの特典の良さは変わる?

年会費の高さと特典内容の充実度は比例しません。また、ポイント還元率も比例して高くなるわけではありません。

そのため、年会費が無料でも有料でも自分の目的に合ったクレジットカードを選ぶことがもっともお得に利用するための条件となります。

ただし、年会費が有料のクレジットカードの方がカスタマーサービスの対応が手厚かったり、海外旅行関連のサポートが充実していることがあります。

クレジットカードの年会費以外にかかる料金はある?

基本的にはクレジットカードのショッピング利用額を支払うのみで、年会費以外にかかる費用はありません。

発行手数料は家族カードやETCカード発行の際にかかることもありますが、クレジットカード本会員として発行する場合かかることはほとんどありません。

年会費は高いものでいくらくらいする?

年会費は、高いクレジットカードだと数万円〜数十万円になることがあります。

ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードなどいわゆるステータス性の高いカードになると年会費が高くなる傾向があります。

もっと知りたいことや、不明な点があれば教えて下さい!

  1. とても詳しくカードのことをが書かれていてとても勉強になりました、詳しく知らなかったメリットやデメッリトのことも知れて今まで不安に思っていた事が解消され嬉しかったのです。
    ですが、こんな人にはこのカードおすすめですみたいなのが知りたいと思いました。

    • コメントありがとうございます!それは良かったです^^
      属性別のおすすめカード情報ですね。追加を検討したいと思います!
      ご提案いただきありがとうございます。

  2. 年会費無料のクレジットカードは確かに持つメリットが多く、作るハードルも低いと思いますが、もし使わなくなり、退会したくなった時簡単に退会できるものなのですか?何十社と色々な会社でクレジットカードを作る事で、自身の信用履歴に影響は全くないのか気になります。

    • カード会社により方法は異なりますが、基本的には電話で問い合わせをして解約するパターンが多く、年会費無料だからといって解約が難しいということはないです。

      また、色々なクレジットカードを作成しても、同時に複数枚申し込んだり返済遅延などしなければ信用情報には特に影響ないと考えられます。
      私自身もこれまで少なくとも10枚以上はクレジットカードを作っていますが、普通に使えています。参考になれば幸いです!

  3. 年会費永年無料は嬉しいのですが、やはりセキュリティ面が心配です。年会費がある=セキュリティがしっかりしているというわけではありませんが、少しその面が不安です。総合的に見ていちばんいいのはどれなんでしょうか…。

    • 年会費永年無料でセキュリティ面が安心のクレジットカードだと、三井住友カード(NL)を選ぶのが良いと思います。
      券面にカード番号やセキュリティコードが載っていなくて、さらにポイント還元率もコンビニなど身近なお店で高くなるので、とても使いやすいカードです。
      カード番号は「Vpassアプリ」という専用アプリから確認できます!セキュリティ面を重視するなら、三井住友カード(NL)をぜひ検討してみてください^^

  4. カード単体の機能やカード同士の組み合わせのオススメもわかるのですが、ブランドを選べるカードはオススメのブランドとかここのショップはMasterしか使えませんから、ぜひMasterでとかがほしいのと、絵柄がかわいいカードの比較も欲しいですね。
    カードの絵柄が可愛いだけでテンションあがります!

    • ブランドについての説明、たしかに追加した方がわかりやすいですね。ご提案ありがとうございます!

      強いて言えば、世界全体で見るとVISAとMastercardはどちらもシェアが高く、どちらも使える店舗がほとんどかと思います。
      VISAが使えてMastercardが使えないといったことや、その逆もあまり見かけないので、迷ったらこのどちらかを選んでおけば大丈夫です。
      国内に限って使うのであれば、ポイント面で有利なのでJCBを選んでもいいと思います。

      絵柄がかわいいカードについて、記事追加を検討したいと思います!コメントありがとうございました^^

  5. ・三井住友カード(NL)の「NL」は何を意味しているのでしょうか。
    ・エポスカードはゴールドランクにランクアップするとやはり年会費がかかるのでしょうか。
     年会費を上回るメリットがありますでしょうか。
    ・楽天カードは、カードブランドがMastercard、VISA、JCB、AMEXと書いてありますが、どのブランドを選ぶとよいでしょうか。

    • ・NLは「ナンバーレス」の意味です!カード券面に番号が書かれていないカードはナンバーレスと呼ばれます。

      ・スタンダードなエポスカードから招待を受けてランクアップする場合、ゴールドカードになっても年会費は永年無料です。
      エポスカードを年間50万以上、1年間ほど使用すると招待が届くと言われています。

      ・海外含めてシェアが高く使いやすいのはVISAかMastercardなので、どちらかを選ぶのがいいと思います!
      すでにどちらかを持っていたら、国内で使いやすくポイント面でメリットが多いJCBを選ぶのもありです。

      参考になりましたでしょうか。他にも何かご質問があれば、お気軽にコメントお待ちしています!